読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めがひよ@hiyokoSpace

ゲーム、映画、イラスト等 趣味の絵日記

実写版「美女と野獣」観てきました

f:id:hiyokoSpace:20170426230531j:plain

まだ4月なのに去年の映画を観た回数を超えた

今年 結構観てるなぁ

 

美女と野獣」観てきたので 感想をだらぁっと書きますです。

(ネタバレ含みます)

 

はじめに

レビュー記事ではなく

面白かったなぁ 程度の感想書きでございます

 

 

 

はい では

 

エマ・ワトソンが可愛い

これからいろいろ書くけれども

最終的に上記の感想で終わるでしょう^^

 

 

今回の映画

見るつもりはあんまりなかったのですが

誘われたので行ってきました

 

アニメ版の方は

だいぶ前に観て

記憶から消えていたのですが

お話は大体知ってる程度の知識で挑みます

( 観終わった後 即 アニメ版をレンタルして観ましたけども )

 

トーリーはアニメ版と大きな違いはないものの

ところどころ変わってる部分があります

この変更いる? と思いましたが

原作を知らないのであまり言わないです。

 

 

私がすごいと感動した部分

 

ルミエールやコグスワースなど

召使さん達の造形と動き、

特にひとりぼっちの晩餐会のシーン!

この部分だけで

今年一番の映画だ!と思ってしまいました

まだ4月なのに

( ちなみに 「美女と野獣」好きの人と話したけれど、

「あのシーン? そうでもなくなぁい?」と言われてしまった。まじか )

 

うぁぁぁ 映画ってこうだよなぁ

夢ある見せ方してるなぁ

さすがディズニー^^

 

と ひとりテンション高くなってました

 

………が、

私的にはそこがピークだったのだ!

 

ダンスのシーンもよかったものの

美しいんだけども なんというか…

たぶんこのダンスのシーンに期待しすぎたせいもあって

大きな感動はなかった

 

「はっはぁ〜ん

 これは最後の魔法が解けるところ盛り上がるだろうな!」

と そわそわして観ていると

 

あっさり終わってしまった。

 

あれれ?

 

魔法が解ける部分は

驚くほどあっさりしていた

 

それよりも 「魔法はとけないんだ…」と思わせる

シーンの方が長かった

 

う〜

前半、晩餐会までは最高の映画だと思えたのに…

失速してしまった感じがする。

 

 

さて ここから キャラクターについて軽く

 

エマさんが可愛いのは置いといて、

( ちなみにポット夫人もエマさん (エマ・トンプソン))

 

アニメ版を見直して気付いた

ガストンそっくりじゃん!

いや本当に

いいキャラしてた

 

野獣さんは

もうちょっとガタイよくても良かったかな

イケメンだったけど アニメ版のようなゴツさはなかった。

 

それから

元に戻った チップ君 すっごい可愛い

エンドロールの笑顔を観て欲しい 惚れる

 

「ちょっとなあ〜 微妙だなあ〜」

と思った箇所も軽く触れとく

( でも原作知らないから強く言えない… )

 

● 魔女の存在

ちょいちょい出てきます

…この人必要だった?

最初に出てくるのは仕方ないとして、

それ以降は別にいなくても良かったのでは…

特に最後

 

● ベルの母親についての描写

アニメ版では説明無いんですよね

親の描写を入れるとその部分に尺を取られるんだよなあ

別にカットしても…

 

● 町の人たちが実はお城から逃げてきた人たち

この設定も別に…

いらなかったんじゃ…

 

● 野獣さんの雪玉 強すぎ説

ベルと野獣さんが雪玉を投げ合うシーン

野獣さんの玉 

強烈すぎるだろう^^;;;

 

● お城の魔法が解けるところ あっさりしすぎ

二度目になりますが、

ほんっとうに スッと解けた

もっと盛り上げて欲しかった

 

 

いろいろ言ったけれども

 

素晴らしい映画だった

いろんな人に お勧めできる

 

頭使わず観れるし ( 最近の流行り?)

 

前半 晩餐会までは間違いなく今年一番だと( 今のところ )自分は思ってる

 

あと

エマ・ワトソンが可愛い

 

興味のある方は

ぜひ観に行ってね^^